スポンサーリンク

時が止まったかのような小さな村、カッスル・クーム

カッスル・クーム(Castle Combe) カッスル・クーム

宿泊していたチッペナムのB&Bで朝食をとっていると、オーナーのご主人が「今日はどこへ行くんだい?」と聞いてきた。

カッスル・クームに行きたいのだと伝えると、連れて行ってあげようと言ってくれた。

昨日のレイコックに続いてカッスル・クームへも連れて行ってくれるとは。心優しいオーナーに巡り合えて本当にラッキーだ。

チッペナムから日帰りで訪れたレイコック(Lacock)
列車を乗り継ぎ、ソールズベリーからチッペナムへとやってきた。 チッペナムのインフォメーションでB&Bの手配をしてもらい、荷物を置くために宿へと向かう。出迎えてくれたのは優しい笑顔の年配のご夫婦。 「今日はこの後はどうするんだい?...

スポンサーリンク

昔の町並みが残る小さな村、カッスル・クーム

9:15頃にB&Bを出発して、9:30頃にはカッスル・クームへ着いた。

チッペナムからカッスル・クームはとても近いのだけど、バスの便は1日に3便ほどしかないので、公共交通機関を利用する旅行者にとってはしっかり計画を練っておかないと行きづらい村だ。

ご主人は「11時に迎えに来る」と言い残してどこかへ行ってしまった。

 

人気の少ない朝のカッスル・クーム。
お天気は良かったけれど、吹き抜ける風はひんやりとしていて寒さに震える。

カッスル・クーム(Castle Combe)

訪れてみたいと憧れ続けていた村に来ることができて、自然と顔がほころんでくる。

写真でよく見かける橋のある景色をすぐに見つけることができるくらい、小さな小さな村。

カッスル・クーム(Castle Combe)

村の住人が用事をするために時折姿を現す。

この村で泊まっていた人が大きな荷物を抱えて、次の目的地へと旅立っていく。

それ以外の人影といえばわたしのような観光客だけど、それもほんの数人だけ。

おかげでゆっくりと村を散策をすることができた。

カッスル・クーム(Castle Combe)

 

村の端から端までを何度も往復し、雑貨屋を兼ねた郵便局(現在はなくなっているみたい)でポストカードを買ったりしながら村を満喫する。

マーケット・クロスの前でやはり一人旅らしい白人の男性とお互いの写真の撮りあいっこをしていると、小さな村に似つかわしくない大型バスがやってきた。

フロントガラスに目をやると、「JTB」の文字。

静寂に包まれた小さな村はあっという間に数十人の日本人旅行者で埋め尽くされ、騒がしくなってしまった。

写真の撮りあいをしていた男性と顔を見合わせ、お互いに肩をすくめてため息をつく。

ツアーのコースにカッスル・クームが入っているのだから、これは仕方のないこと。

でも、なんだかなあと思ってしまう。
団体で乗り込んでくるような場所じゃないよ・・・。

 

そうこうしているとB&Bのご主人がやってきたので、団体さんに背を向けてカッスル・クームを後にした。

[旅行:1996年5月]

カッスル・クームへの行き方と観光情報はこちらにまとめてあります。

カッスル・クーム(Castle Combe)への行き方と観光案内
公共交通機関(鉄道、バス)を使ったカッスル・クームへの行き方を紹介しています。女一人旅で訪れたコッツウォルズ。 カッスル・クームは「イギリスで最も美しい村」に何度も選ばれた、昔ながらの町並みが残る小さな村です。

コメント